お知らせ

News

毎年、クリスマスが近づいてきたら、円いワイヤーにポインセチアを植え込んだり、冬に丈夫なパンジーやシルバーリーフを植え込んでクリスマスデコレーションを拵えています。 でも、春が来てその中にいるのが苦しくなった植物を夫々に広い場所に移してやると、円いワイヤーは次のクリスマスまでは空き状態で庭の片隅に。 でも、この春お花屋さんの店先にて、流行りのセダムたちを円く並べているのをヒントに、その空いたワイ...もっと見る
12の蕾のコオニユリが咲き進むお隣で、それよりも更にぐんぐん背が伸びて大きな蕾を付けた百合の名は <トライアンファーター>。 オリエンタル系のダイナミックな品種の百合で、大好きな鉄砲百合の花と同じ形の巨大大輪咲きのくすんだピンクの珍しい色合いの花を咲かせます。 二年前、通信販売で購入した球根でしたが、初めての年には蕾を虫に食べられてしまい、一つも咲かせられませんでした。 百合は丈夫だと過信し...もっと見る

2019.07.02

コオニユリ

百合根はほんのり甘くほろりと柔らかでとても美味しい食材なのですが、実は私は未だに堂々と口に出来ない食材なのです。 そう、食べずに土の中に植えたら綺麗なユリの花が咲くから。 実は昨年の冬、久々我が家を訪ねて来られた友人から「百合根はお好きですか?」と問われ、即座に「大好きです!」と答えた私に大きな百合根が二つ入った包みを下さいました。 その後、いつもながらに躊躇いながらも特別なお客様の為に...もっと見る
美しい薔薇の季節が行き、紫陽花の雨の季節を迎えました。 この雨の季節に紫陽花が咲いていなかったら、何と味気ない日々でしょう・・・ 今年の我が家の小さな庭は、アナベルの白い紫陽花が沢山花を付けました。 数年前、ご近所の友人から分けて頂いた枝を挿し芽にしたら、こんなに大きく育ってくれました。 庭の鉢のあちこちでも色んな紫陽花がそれぞれの色合いを披露してくれて、とても...もっと見る
久しぶりに関西での樹里亜のピアノコンサートが二回開催され、娘*野夕梨も彼女が作詞作曲した童謡を歌うお手伝いをさせて頂きました。 それで、樹里亜も我が家に暫く滞在で、皆様に二人分の沢山のブーケを頂く幸せに預かりました。 この季節は切り花の花持ちは良くないのですが、ユリやトルコギキョウ、カーネーションは元気な花たちで、やはりそれらの花々が沢山でした。 殊にユリには甘い香りがあり、一際幸せなコ...もっと見る
薔薇に似合うクレマチスが大好きです。 クレマチスは本当に種類が豊富で、花の系統によっても育て方が異なり、なかなか全てを上手く栽培することは容易ではありません。 私はクレマチスの中でも野趣のあるアトラジェネ系の優しい花が大好きです。 まるで和紙で作られたような儚げで嫋やかな俯き加減の花が、春の軟風に揺れる様は本当にうっとりとします。 ただし、この花は高山性の冷涼地を好む性質な...もっと見る
今年は暖冬だったせいか、冬の間中もずっと花の絶えることがなかった我が家の小さな庭ですが、それでも、やはり春の息吹のかけられた庭はまるで魔法がかかったような素晴らしい花園に変身します。 幸か不幸か道路に面しているこの庭は、高い位置にあるので道行く人たちからは全く見えず、我が家のリビングでしか眺められないので、完全な秘密の花園状態です。 それで、これも幸か不幸か、私はこの季...もっと見る
我が家の表札を掲げた小さな植え込みには、ぎっしりと黄色い花々の球根が植わっています。 この家に住んで直ぐに、春早く花咲くようにと、我が家のシンボルツリーの黄色い木香薔薇を意識して植え込んだのが同系色で、黄色いクロッカスの球根。 多分10球くらいだったと思うのですが、30年経っても増え続け、今ではぎっしりと数えきれないほどの花が、ブーケのように咲いてくれています。 時折、通りすがりの方...もっと見る

2019.03.05

浅春の風景

春は行きつ戻りつしながらも、確実に近付いています。 梅の香りに誘われたくて、近くの梅林公園までお散歩することに。 今年の冬は暖冬のせいで、山の上の我が町の梅たちも多分もう随分開いているはずと思いながら・・・ さて、梅林公園に辿り着くまでの小道にも、春の兆しの植物たちを見つけました。 珍しい紅色の馬酔木はいつもこの時季可愛らしい鈴蘭のような花をたわわに咲かせてくれています。 ...もっと見る
この冬は暖冬だと予告されていたように、山の上にある我が家の庭も一度雪で覆われた以外は、比較的暖かく、寒さに強い花たちは影を潜めることなく健気に花を途切れることなく咲かせてくれています。 桜草、パンジー、デージー、リナリア、勿忘草、オギザリス ・・・等々。 鉢の中では、プリムラ、ウィンティー、ガーデンシクラメン、ハーデンベルギア、アネモネ、寒アヤメ...もっと見る