ブログ

Blog

今朝、娘宛てに思い掛けず届いた素敵な花束にビックリです!!! どなたからかしら~何故? その送り主のお方は私のかな書道の先生で、明日の娘のコンサート公演に行けないからと、ご近所の生花店を通じてこの花束をお届け下さったのでした。 娘は、明日夜ほんの10分ほどのダンスの出演を、近くの京都芸術大学にて公演予定なのです。 今回世界交流のため<渡響>と題して開催されるコンサートに、ア...もっと見る
皆様はどのようなお正月をお過ごしになられましたでしょうか? 我が家では今年は珍しく来客もなく、家族四人でのんびりと寛いだお正月でした。   お餅は、杵つきのものを毎年主人と和知の道の駅まで買いに行きます。 お出汁はたっぷりの煮干しと昆布でとり、白味噌仕立てのものです。   金時人参を初日の出に見立て輪切りにしたものを一つと、千切り大根と...もっと見る
今年の我が家のメインのクリスマスツリーは、昨年同様アプリコットカラー&ゴールドカラーの薔薇飾りです。 この色合いの選択は、我ながらお気に入りです。 今年はバレエ教室とかな書道教室の皆様にもお披露目で、大勢の方々に見て頂けました。 私が思うより喜んで下さるので、何だかこちらまで歓び一杯のクリスマスデコレーションです。 さて、今年初めてのデコレーションを三点ご紹介します。 ...もっと見る

2017.12.23

♪鳥の歌

ハープ演奏クリスマス発表会も今年で3回目です。今年度の私の選曲は、カタロニア民謡の ♪鳥の歌 です。哀愁を帯びた美しいメロディーが昔から大好きでした。 初めてこの曲を聴いたのは、もう随分昔のことですけれど、確かチェロの独奏だったと思います。 何故この曲が ♪鳥の歌 と名付けられているのかそのことを知りたくて調べたところ、原曲はカタロニア民謡で、歌曲でした。しかも、なんと!クリスマスキャ...もっと見る

2017.12.01

花の冬支度

冷たい風に美しい紅葉も散り急ぎ、気付いたらもう辺りは冬の気配。 12月、大好きなクリスマスシーズンです。 私はひとりクリスマスデコレーションに大忙しの楽しい日々をやっと終えたところです。(この様子は後日ブログにてご紹介させて頂きますね。) さて、これからは庭仕事で一番忙しく重労働の時季です。 この作業あってこそ、春の夢の花園が実現するので手抜きは出来ません。 年々年老いてゆく身体を鞭打ち...もっと見る
とても美しい本物の薔薇を閉じ込めたようなゼリー菓子を頂きました! でも、あまりにも美しすぎてこれはなかなか食べられそうにないわ・・・とか言いながら・・・ 実はそのお菓子を下さった友人も、薔薇のように華やかな方! 彼女との出会いは数年前バレエ教室にて。 とても若々しく綺麗で素敵な彼女は、初めて教室に現れた時、私よりずっと年下だと思ったのに、なんと同い年だということが後で分かりびっ...もっと見る
ガラスが大好きだから、当然のことスワロフスキー社の商品の中に好きな物が一杯です。 でも、高価なのでそんなにあれもこれも蒐集出来ません。 20代の頃からいつか欲しいと思っていた睡蓮の花のキャンドルスタンドを、主人が海外に行った帰りに免税店でお土産に買ってきてくれた時は本当に嬉しかったです。 お値段が免税店だとかなり格安で、それからは日本ではショールームで見るだけにして、またいつか海...もっと見る

2017.10.15

神は愛なり

師に創作して頂いた聖句<野の百合を見よ>が、娘やクリスチャンの友人たちになかなか好評で、次は是非とも<神は愛なり>の聖句でとリクエストを頂きました。 そこで、図々しく再度師にその聖句のお手本をご依頼致しました。 師はとてもお優しく、「時にこのような創作はとても楽しい作業で、私もとても嬉しいです。他の皆様にもお勉強になります。」 と仰って下さるので、大変な労力なのを存じ上げてはいるのですが...もっと見る
金木犀の香りもすっかり薄れ、秋がだんだん深まってきています。 我が家の小さな庭もハナミズキの葉が色づき始めました。 シュウメイギクやリコリスもそっと花開いて、秋の花もちらほら・・・ そんな中セージがさらに美しく、秋に風情を添えてくれます。 私の幼い頃は、セージといえばあの朱赤のサルビア位でしたが、最近では本当に豊富な種類が目白押しで、びっくりするほどです...もっと見る
今、我が家の小さな庭は秋薔薇がちらほら咲いていますが、やはり春の薔薇庭に比べたら寂しげです。 それなりにハイビスカスやゼラニウム、ニチニチソウなどの花は咲いてはいるのですが、夢のような春の薔薇たちを写真で眺めると、まるで遠い昔のように感じてしまいます。 今年は我が家の薔薇庭を皆様にお披露目しないままに、時が流れてしまったので、遅ればせながら少しだけ回想ご紹介させ...もっと見る