ブログ

Blog

言うまでもなく!薔薇をモチーフにしたものが、大好きです!!! ただし、勿論のこと薔薇ならどんなものでもいいわけではなく、デザインは重要です。 有難いことに、薔薇をモチーフにしたものは世界に溢れていますが、とても欲しいものは限られます。(よかったです!笑) 昔何かで読んだ話で、「貧しい青年画家に花を描くなら薔薇にしなさい。そうすれば売れるよ。とアドバイスを送ったところ、その青年...もっと見る
日本人なら誰でも一度は目にしたことのあるはずのルノワールの名画<イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢>の肖像画。 私の彼女との初めての出会いは、確か小学校の頃の図画の教科書でした。 可愛らしい女の子の肖像画だったのに何故だか、当時は全く魅かれていない絵でした。 某銀行の年間の大きな一枚のカレンダーの絵にも起用されておりましたっけ。 とにかく、戦後の高度成長期に於いては、これらの美し...もっと見る
還暦のお祝いにと、妹が夢だった長崎のハウステンボスの薔薇園に招待してくれました。 長女が重い障害があるので、一人で数日外泊旅行をすることはとても難しいのですが、今年は還暦ですし、主人と次女の快諾協力を受け、大きな夢を叶えて頂きました。 大分で生まれ育った私ですが、憧れの長崎の地へ赴くのも初めて! ハウステンボスは日本に居ながら、オランダ滞在の気分を味わえる広大な大人リゾート地。 お隣に...もっと見る
今年も素晴らしい色合いの紫陽花たちに出会えました!毎年「もう今年は紫陽花の鉢を買うのは止めよう!」と思うのだけれど、あまりにも素晴らしい紫陽花の色を目にすると、そんな思いはどこへやら・・・何と!今年も新しく5鉢も購入してしまった私なのでした。 我が家の庭は薔薇だけでなく、あちこちに紫陽花の鉢が増えるばかり・・・本当に梅雨時は色んな色合いの紫陽花...もっと見る
6月14日の朝。 思いがけず届いた花束は、60本の薔薇の花!!! 紅い薔薇は自分では絶対に買うこともない花だけれど、でも還暦のお祝いにはやはりこの紅い色しか有り得ないことだと納得の喜び一杯です。 贈り主は優しい主人の姉から。 思い返せば、義姉の還暦には彼女の大好きな真っ白い胡蝶蘭の鉢をお贈りしたけれど、還暦のお祝いは紅でしたか・・・ ま、今更そんなこと言ってもどう...もっと見る
蔓薔薇で、私のアトリエの窓辺を覆い尽くすのが夢です。 蔓薔薇は地面に植えると、蔓が数メートルも伸びてまるで木のように大きく成長します。 でも、残念ながらアトリエの周りにはレンガを敷き詰めてあり地面がありません。 それで、大きな50㎝角の立方体の鉢を窓辺の両側に設えました。 そこで、今まで色んな蔓薔薇を試してみましたが、どれもこれも全く上手く行きません。 それでもまだ諦めきれず、薔薇専門の...もっと見る
今年我が家の庭で一番見事に咲いてくれたのは、昨年秋の新入り<バージニア・マッケンナ>です。 我が家の近くにある薔薇苗専門店・松尾園芸さんで一目惚れしして即購入です! イギリスのハークネス社の薔薇で、育てやすさも決め手でした。 薔薇は難しくどんなに美しく立派な鉢植えを購入しても、次の年はその時ほど花付きが良くない種類は多々あります。 そんな中、このバージニア・マッケンナは期待...もっと見る
大好きな苺の季節に必ず焼く大好きな苺タルト。 今年は庭で零れ種で大きくなったボリジの青い星の形をした花が、苺の時季にも沢山咲きました。 そこで、苺タルトにもこの青い花を鏤めてみました。 やっぱりとても素敵!!! 私がハーブの花の中で一番好きなのがこのボリジです。 少女の頃には誌面でも目にすることのなかった素敵なハーブ。 もともと青い花には目がない私でしたから、ボリジの美しい...もっと見る

2018.04.05

黄水仙

黄色い花はいち早く春を呼ぶ花。 ミモザに始まり、ウィンタージャスミン、レンギョウ、プリムラにパンジーなど。 そして、一斉に顔を揃える黄色い水仙たち。 中でも、ラッパを吹き鳴らすようなラッパ水仙は私の大好きな黄色い花。 それから、最近<テータテート>と名付けられた、とても花付きのよい小振りの丈低い黄色い水仙を、あちこちでよく見かけるようになりました。 花付きが大変よく、ほったら...もっと見る
昨年、ホームセンターにて小さな鉢でたわわに蕾を付けていた憧れの黒い椿を見つけました。 この黒椿は、まだカタログでしか見たことのない、わたしにとっては幻の椿! こんなに蕾が付いていて大丈夫なのかしら? 摘蕾した方がよいのでは? それならば、もう一鉢同じ椿で蕾が数個しか付いていないものがあるけど、そちらの苗を選んだ方がよいのかしら? 思案しながら担当の係員の方をお呼びして...もっと見る