お知らせ

News

思い掛けなくお見舞いにと、素敵なアンスリウムの大きな鉢植えをお花屋さんから届けて頂きました。送り主は敬愛するかな書道の師から。 実はその数日前の雨の続いた夜に、勝手口のスリッパに足を入れた途端に転倒してしまい、暫く動けないほど右腕を強打してしまったのでした。 どうやら長雨にて、たたきのコンクリートに苔がはびこっていたようです。 声も出せないほどの痛みで暫く横た...もっと見る
2019年6月18日 火曜日 13時開演 入場料1500円(小学生以下500円) 滋賀県大津バプテスト教会にて(TEL 077-522-0492) 梅雨の季節にショパンの雨だれ、ラヴェルの水の戯れ・・・ 水のブルーのイメージで、ガーシュインのラプソディーインブルー、ジュリア自作の青い鳥など・・・ 今回は縁あって、私がチラシをデザインさせて頂きました。 私の大好きな写真家*塩谷一彦...もっと見る
この3月31日を以って、私の主人が大学を卒業してから38年間ずっと勤務していた仕事を退職する運びとなりました。 主人は土木技師で、京都府内の橋や道路を計画する仕事をしておりました。 彼自身が一番印象深いことは、在職中に京都縦貫自動車道が全線開通したことだそうで、4年間の単身赴任中には、自ら計画に携わった道路を往復し、感慨深い喜びを味わいながら走れたとのことです。 本当に在職中には酷い目の...もっと見る
すっかりご紹介が遅れてしまいましたが、私の敬愛する形成外科医の友人、近藤奈穂子先生が開発したスキンケア化粧品のパッケージデザインを担当させて頂きましたので、ご案内させて頂きます。 お肌に優しい化粧品のイメージ通りに、全て花のデザインで仕上げております。 線描きのものが中心となっており、化粧品の内容を重要視してコストを出来るだけ抑え、全てシンプルな簡易包装にしております。 私自...もっと見る
聖バレンタインデーの朝。 娘から素敵なローズチョコレートブーケを手渡され、びっくり! 主人のチョコレート選びに、混雑したデパートのチョコレートフェアへ悪戦苦闘に赴いていたのは知っていましたが、まさか私にまでとは! 7年間アメリカで過ごしていた彼女にとっては、バレンタインデーにチョコレートを贈るのは、女性から男性への愛の告白ではなく、男性から女性へのプレゼントだったり、親しい人たち...もっと見る
明けましておめでとうございます! 冒頭の年賀状に記しましたように、今年は主人が還暦を迎えるため、3月末日を持って長年勤続した仕事の退職となります。 それだけでも、正に我が家にとって大きな変化の年となります。 三年前、彼は大変な目の病に見舞われ大きな苦難の時を乗り越えたので、こうして無事に仕事を終えるところまで来られただけでも、喜び感謝に堪えません。 *目がまだ見ず、耳がまだ...もっと見る
今年のクリスマスツリーは、ワインカラーのローズにゴールドカラーローズを鏤めたところ、今までで一番ゴージャスなデコレーションになりました。 ダークレッドのカルーセルと名付けられたポインセチアの大鉢も見つかりましたので、今年の我が家のリビングはワインレッドカラーとゴールドカラーをテーマにした華やかな飾り付けです。 そして、今年の我が家のメインクリスマスパーテ...もっと見る

2018.10.10

パストラーレ

先日ネット検索で訪れた素敵なアンティークのお店は <パストラーレ>。 あまり耳慣れない言葉で、覚えることに時間のかかった私。 <田園>という意味で、かの有名なベート-ヴェンの交響曲第6番をパストラーレとも呼ぶようです。 田園と聞くと、日本人の私は、どうしても水田の雰囲気をイメージしてしまい、べートーヴェンのあの長閑な曲のイメージが、どうしても水田風景になってしまいます。 違う!あの曲はヨー...もっと見る
言うまでもなく!薔薇をモチーフにしたものが、大好きです!!! ただし、勿論のこと薔薇ならどんなものでもいいわけではなく、デザインは重要です。 有難いことに、薔薇をモチーフにしたものは世界に溢れていますが、とても欲しいものは限られます。(よかったです!笑) 昔何かで読んだ話で、「貧しい青年画家に花を描くなら薔薇にしなさい。そうすれば売れるよ。とアドバイスを送ったところ、その青年...もっと見る
還暦のお祝いにと、妹が夢だった長崎のハウステンボスの薔薇園に招待してくれました。 長女が重い障害があるので、一人で数日外泊旅行をすることはとても難しいのですが、今年は還暦ですし、主人と次女の快諾協力を受け、大きな夢を叶えて頂きました。 大分で生まれ育った私ですが、憧れの長崎の地へ赴くのも初めて! ハウステンボスは日本に居ながら、オランダ滞在の気分を味わえる広大な大人リゾート地。 お隣に...もっと見る