お知らせ

News

この3月31日を以って、私の主人が大学を卒業してから38年間ずっと勤務していた仕事を退職する運びとなりました。 主人は土木技師で、京都府内の橋や道路を計画する仕事をしておりました。 彼自身が一番印象深いことは、在職中に京都縦貫自動車道が全線開通したことだそうで、4年間の単身赴任中には、自ら計画に携わった道路を往復し、感慨深い喜びを味わいながら走れたとのことです。 本当に在職中には酷い目の...もっと見る
すっかりご紹介が遅れてしまいましたが、私の敬愛する形成外科医の友人、近藤奈穂子先生が開発したスキンケア化粧品のパッケージデザインを担当させて頂きましたので、ご案内させて頂きます。 お肌に優しい化粧品のイメージ通りに、全て花のデザインで仕上げております。 線描きのものが中心となっており、化粧品の内容を重要視してコストを出来るだけ抑え、全てシンプルな簡易包装にしております。 私自...もっと見る
聖バレンタインデーの朝。 娘から素敵なローズチョコレートブーケを手渡され、びっくり! 主人のチョコレート選びに、混雑したデパートのチョコレートフェアへ悪戦苦闘に赴いていたのは知っていましたが、まさか私にまでとは! 7年間アメリカで過ごしていた彼女にとっては、バレンタインデーにチョコレートを贈るのは、女性から男性への愛の告白ではなく、男性から女性へのプレゼントだったり、親しい人たち...もっと見る
明けましておめでとうございます! 冒頭の年賀状に記しましたように、今年は主人が還暦を迎えるため、3月末日を持って長年勤続した仕事の退職となります。 それだけでも、正に我が家にとって大きな変化の年となります。 三年前、彼は大変な目の病に見舞われ大きな苦難の時を乗り越えたので、こうして無事に仕事を終えるところまで来られただけでも、喜び感謝に堪えません。 *目がまだ見ず、耳がまだ...もっと見る
今年のクリスマスツリーは、ワインカラーのローズにゴールドカラーローズを鏤めたところ、今までで一番ゴージャスなデコレーションになりました。 ダークレッドのカルーセルと名付けられたポインセチアの大鉢も見つかりましたので、今年の我が家のリビングはワインレッドカラーとゴールドカラーをテーマにした華やかな飾り付けです。 そして、今年の我が家のメインクリスマスパーテ...もっと見る

2018.10.10

パストラーレ

先日ネット検索で訪れた素敵なアンティークのお店は <パストラーレ>。 あまり耳慣れない言葉で、覚えることに時間のかかった私。 <田園>という意味で、かの有名なベート-ヴェンの交響曲第6番をパストラーレとも呼ぶようです。 田園と聞くと、日本人の私は、どうしても水田の雰囲気をイメージしてしまい、べートーヴェンのあの長閑な曲のイメージが、どうしても水田風景になってしまいます。 違う!あの曲はヨー...もっと見る
言うまでもなく!薔薇をモチーフにしたものが、大好きです!!! ただし、勿論のこと薔薇ならどんなものでもいいわけではなく、デザインは重要です。 有難いことに、薔薇をモチーフにしたものは世界に溢れていますが、とても欲しいものは限られます。(よかったです!笑) 昔何かで読んだ話で、「貧しい青年画家に花を描くなら薔薇にしなさい。そうすれば売れるよ。とアドバイスを送ったところ、その青年...もっと見る
還暦のお祝いにと、妹が夢だった長崎のハウステンボスの薔薇園に招待してくれました。 長女が重い障害があるので、一人で数日外泊旅行をすることはとても難しいのですが、今年は還暦ですし、主人と次女の快諾協力を受け、大きな夢を叶えて頂きました。 大分で生まれ育った私ですが、憧れの長崎の地へ赴くのも初めて! ハウステンボスは日本に居ながら、オランダ滞在の気分を味わえる広大な大人リゾート地。 お隣に...もっと見る

2018.03.31

宇治のお花見

京都に住んでいながら私のお花見は、いつも自宅近辺の桜です。 京都は桜の名所が沢山ですから、色んな所に行ってみたい気もしますが、そんな名所には当然のことながら人も沢山です。 だから、ただでさえ重い腰がますます重くなってしまうのも事実です。 が、今年はバレエ仲間で宇治に住む友人からお花見のお誘いを頂きました。 彼女の住居は宇治の桜名所の中にあるそうで、数人のバレエ仲間と嬉しくお訪ねすること...もっと見る
今日、私の描いた花のドレスの新作発表パーティーが催され、お招きに与かりました。 先日京都新聞の紙面でも写真入りでご紹介して頂き、嬉しく本物のドレスに出会える日を心待ちにしていました。 京都御池通に面しているイタリアンレストラン<ストラーダ>にて、赤いフェラーリーと共にデコレーションされた美しいドレスの新作発表9着です。 そのうちの2着が私の描いた花の絵...もっと見る